看護師 再就職 退職方法

看護師の再就職【退職方法】

看護師の再就職【退職方法】

再就職活動を始める前に看護師の方にぜひ知っておいていただきたいのが、退職方法です。

 

正規の規則にのっとって退職方法の手続きを行わなければ、希望する日までに退職できない可能性もありますし、病院スタッフとの人間関係が悪化してしまう恐れもあります。

 

看護師転職サイトに登録すれば、担当のキャリアコンサルタントから退職方法を詳しく教えてもらえますので、円満退職したい看護師の方はぜひご活用ください。

 

ここでは、退職方法の流れについて説明したいと思います。

 

退職の意思表示と日程相談

再就職する意思が固まったら、師長など直属の上司に退職の意思表示と日程を相談します。

 

退職する看護師側の都合もあるかもしれませんが、基本的には病院側の都合に合わせて日程調整したほうが良いでしょう。

 

再就職を希望している看護師の方は、これより早い時点で看護師転職サイトに登録しておくと良いかもしれません。

 

退職届の提出

退職の意思を伝えたら。退職届を提出します。

 

退職届には所定の書き方がありますので、看護師転職サイトのキャリアコンサルタントの指導を受けてください。

 

仕事の引き継ぎ

退職後の現場がスムーズに動くよう、仕事の引継ぎは必ずしておきましょう。

 

看護師の場合、担当の患者の状態などを細かく伝えることが重要です。

 

挨拶回り

仕事の引継ぎまで終わって一息ついたら、お世話になったスタッフや患者などに挨拶回りをしましょう。

 

なお、病院によっては退職の挨拶回りをしなほうが良い場合がありますので、師長など上司に相談してください。

 

退職時の挨拶文の用意

退職方法は上記までで終了となりますが、退職時に挨拶を振られる可能性がありますので、スタッフなどへ感謝の意を込めた挨拶文を用意しておくと良いかもしれません。

 

 

>>>退職方法を教えてもらえる看護師転職サイト<<<