看護師 再就職 足りない

看護師の再就職【足りない】

看護師の再就職【足りない】

再就職に失敗してしまった看護師の方の場合、何かが足りないから失敗してしまったのかもしれません。

 

病院などに看護師として再就職するためには、まずは履歴書と職務経歴書を再就職先の病院に送付し、書類選考に合格したら面接試験へと進むこととなるのですが、落ちた場合は書類選考か面接試験で何かが足りない可能性があります。

 

ここでは、書類選考と面接試験それぞれにおける足りない点を分析してみましたので、再就職を狙っている看護師の方はチェックしてください。

 

書類選考で足りないこと

書類選考で足りないこととしてあげられるのは、職務経歴書がしっかり書かれていないということです。

 

初めて職務経歴書を書くという看護師の方も大勢いらっしゃると思いますが、職務経歴書には書き方があるということを知っておかなければなりません。

 

上手に書かれていなければ、再就職を希望している病院に自分をアピールすることができず、書類選考の時点で落とされてしまう可能性があります。

 

書類選考で足りない点をなくしたいなら、ぜひ看護師転職サイトをご利用ください。

 

看護師転職サイトのキャリアコンサルタントは、履歴書や職務経歴書で足りないことを指摘してくれますし、どのように書けば良いのか丁寧に教えてくれるでしょう。

 

面接試験で足りないこと

再就職の面接試験で足りないこととして考えられるのは、質問に対する回答がありきたりということです。

 

特に競争率が高い病院の面接試験を受ける場合、他の看護師と同じような回答や、教科書通りの回答をしていても、面接官に印象を与えることができません。

 

看護師転職サイトを利用すれば面接の受け方を指導してもらえますし、面接まで同行してくれますので、足りない部分を補ってもらえるでしょう。

 

 

>>>看護師の再就職には看護師転職サイト<<<